Macで文字が勝手に変換される「ライブ変換」をOFFにする設定方法。(MacOS Catalina対応)

ここ数年の新しめのMacOSでは、スペースキーを押さなくても自動的に文字が変換される「ライブ変換」がデフォルトでONになっています。

スペースキーを押さずとも変換してくれるのは便利な場合もあるのですが、以下のような問題点があり“ありがた迷惑”な時があるのも事実。

  • 誤変換が多い
  • 変換されるタイミングが分かりづらい
  • 自分で変換したいときに、逆に操作を妨げられる場合がある

この記事では、ライブ変換をOFFにする方法を解説。さらに「Google日本語入力」を使用することで、より使い勝手を上げる方法を解説します。

Sponsor

ライブ変換をOFFにする設定方法

ライブ変換のOFFは、使用しているMacOSのバージョンによって異なります。

MacOS Catalina以前のMacOSの場合

Macで文字が勝手に変換される「ライブ変換」をOFFにする設定方法。

画面右上の、「あ」や「A」と表示されている箇所をクリックします。すると、日本語>ライブ変換という箇所があります。

「ライブ変換」のところをクリックして、チェックマークを外せば完了。「ライブ変換」がOFFになります。

MacOS Catalina の場合

ライブ変換をOFFに。Macで文字が勝手に変換されるときの対処法。

ライブ変換をOFFに。Macで文字が勝手に変換されるときの対処法。

「システム環境設定」>「キーボード」>「入力ソース」>「日本語」と選択していきます。「ライブ変換」をクリックして、チェックマークを外せばOK。

Google 日本語入力で文字入力を快適に

Macのデフォルトの日本語入力はだいぶマシになってきてはいるものの、変換する文節が変で、期待する結果の変換を一発でできなかったり、その他空気を読めない変換候補が上位に出て来ることもしばしば。

僕は長年「Google日本語入力」をダウンロードして使っていますが、これが実に優秀。Macの使い勝手が劇的に上がります。

もしGoogle日本語入力がなかったら、Macを使う際ストレスフルになって、爆発してしまうかも(笑)。

「Google日本語入力」のダウンロードはこちらからどうぞ。

顔文字の入力もGoogle日本語入力のほうが優秀

↓Macデフォルトの日本語入力で「かおもじ」とタイピングしてスペースキーで変換しようとすると、こんな感じ。
Macで文字が勝手に変換される「ライブ変換」をOFFにする設定方法。

変換のために表示されるウィンドウも大きく、ちょっと邪魔かも。

↓続いて、Google日本語入力で「かおもじ」と打ってスペースキーで変換しようとした場合。
Macで文字が勝手に変換される「ライブ変換」をOFFにする設定方法。

変換のために表示されるウィンドウ自体が小さく、タイピングを妨げません。さらに候補の顔文字の右に「にこ」「わーい」「おわた」などと、読み方/他の変換元ワードも併記されていて親切です。

また、顔文字のチョイスも若干Macデフォルトの変換候補より見慣れたもの、使い勝手の良いものが多いと感じます。

僕は思った

個人的には、ライブ変換は長文タイピングには重宝するときもあるものの、基本的にはOFFにしていることが多いです。

ライブ変換が無理!という人は、OFFにしてぜひ「Google日本語入力」を使ってみてください。また1つMacが便利に、愛くるしくなるはず(笑)。

ライブ変換をOFFに。Macで文字が勝手に変換されるときの対処法。
フォローして& Macに参加しよう