16インチ型「MacBook Pro 2019」のキーボードは本当に最高なのか?冷静に検討すべし。

16インチ型「MacBook Pro 2019」が発売してから、16インチ型「MacBook Pro 2019」のキーボードが最強で最高!

…という意見がメインストリームのようになり、「Macのキーボードどれがいいの論争」に一応の終止符が打たれたように感じます。

僕もこれには概ね賛同するんだけれど、日常的に16インチ型「MacBook Pro 2019」のキーボードとApple純正ワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」、さらに15インチ型「MacBook Pro 2018」に「moshi キーボードカバー」を装着した3つのキーボード環境をハードに行き来してきた経験から言うと、必ずしもそうとも言えない、というのが僕の出した結論。

キーボードの刷新を重要視してこれから16インチ型「MacBook Pro 2019」の購入を検討している人は、こういう意見もあるんだなぁと、判断材料にしてもらえたら幸いです。

※なお、本記事はApple純正のキーボード環境もしくはそれに近いものを想定しつつ、最強のキーボード環境を考察する記事です。そのため「HHKB」のキーボードなどは別のベクトルの商品と考え、今回は敢えて検討の対象外としている点はご了承ください。

Sponsor

カバー装着派の僕が考える、最強のMacキーボード環境

第3世代バタフライキーボード+moshiのキーボードカバー

結論から言うと、「第3世代バタフライキーボード+moshiのキーボードカバー」の組み合わせこそが、僕の考える現状最強のキーボード環境。(点数を付けるなら90点)

moshi Clearguard MB with Touch Bar (JIS)

多くの方がおっしゃっているように、僕も裸の第3世代バタフライキーボードは打鍵感がペチペチとしてストロークが浅く、イマイチ快適ではないと感じます(70点)。ですが、これにmoshiのキーボードカバーを装着すると、一気に打鍵感が快適になり、状況が変わってくるんですよね。

キーボード同様キーボードカバーマニアでもある僕は、いろんなキーボードカバーを試したのですが、moshiのものは頭1つ以上抜けた謎の快適さがあると結論付けざるを得ません。第3世代バタフライキーボードだけでは成し得なかった適度なストロークの深さが生まれつつも、次のキーに指を運ぶ運指の軽やかさは保証され、実に快適な打鍵感になります。

キーボードもカバーで守りながら使えており、故障リスクの低減や何より精神衛生的にも良く、この組み合わせは一番理想的だと考えます。

Apple純正Bluetoothキーボード「Magic Keyboard」も何気に快適

あるいはApple純正のBluetoothキーボード「Magic Keyboard」を、カバー無し裸の状態で使うのも何だかんだで安定感があり、快適。(85点とします)

16インチ型「MacBook Pro 2019」も全く同じ「Magic Keyboard」の名を冠するキーボードを搭載してはいるものの(紛らわしい…笑)、僕の体感値では両者は別物。

16インチ型「MacBook Pro 2019」の「Magic Keyboard」は一瞬ぐっと押し込み反発を感じる度合いが強いと感じますが(80点)、Apple純正のBluetoothキーボード「Magic Keyboard」は反発がなく、次のキーへの移動が滑るように行いやすいと感じます。

比較すると、より軽やかにタイピングできるのはBluetoothキーボードの「Magic Keyboard」だと感じます。

ちなみに僕は純正Bluetoothキーボード「Magic Keyboard」にもELECOMのキーボードカバーを装着して試したけれど、これは全然駄目でした。

指が深くはまり込むような不快さがあり、疲労感がすぐに蓄積。話にならなかったんですよね。

今の所純正Bluetoothキーボード「Magic Keyboard」のキーボードカバーは他に選択肢がないため、純正Bluetoothキーボード「Magic Keyboard」は裸で使うと割り切ったほうが良さげ。

16インチ型MacBook Pro 2019のキーボード、良い点と悪い点

話を16インチ型「MacBook Pro 2019」に戻し、良い点悪い点を見ていきます。

良い点(メリット)

  • バタフライキーボードよりも静かになった(静粛性が高い)
  • 跳ね返ってくる感覚が強いため、ミスタイピングは少ししにくいと感じる(僕の場合)
  • Appleが公式に欠陥があると認めたバタフライキーボードではないため、故障リスクは少ない(はず)

悪い点(デメリット)

  • まだmoshiの神キーボードカバーが存在しない
  • 長時間タイピングすると意外と疲労感を感じるときがある

↑以上、良い点と悪い点を並べるとこんな感じ。

良い点のほうが多いのですが、上述のmoshiの神キーボードカバーがまだ存在しないのと、長文タイピング時に疲労感が起きやすくなった点はデメリットと考えます。

16インチ型「MacBook Pro 2019」のキーボードは、2015年モデルまでの「MacBook Pro」のキーボードを思い出させてくれるような打鍵感で、第3世代バタフライキーボードよりも跳ね返す力がかなりアップしていると感じます。これにより、キーを1つ1つ「打ち込んでる感」がアップ。

僕は両手親指が腱鞘炎気味で、右手の人差し指&中指も気を抜くと腱鞘炎になりそうなため、キーボードの打鍵感の変化を感じ取って痛みを訴えて来るくらいには繊細。

この「打ち込んでる感」アップが長時間の連続タイピングとか、1000〜2000文字を超えるようなタイピング時にはどうも応えます。「第3世代バタフライキーボード+moshiのキーボードカバー」の組み合わせの時と比べると、長文タイピング時の疲労感は感じやすくなったと言わざるを得ません。

さらにそこに現状Amazonで購入できるキーボードカバー(つまりmoshiのキーボードカバー以外のもの)を装着しようものなら、非常に疲労感を感じやすいものになってしまい、正直仕事にならないとすら感じます。

両親指に加え、特に右手の手の甲あたりにじんわりと疲労が蓄積されていくのがハッキリ分かるんですよね。

結論&僕は思った

16インチ型「MacBook Pro 2019」のキーボードが最高?一呼吸置いて検討すべし。

長くなったので、結論をまとめると下記。

第3世代バタフライキーボード+moshiのキーボードカバー:90点
Apple純正のBluetoothキーボード「Magic Keyboard」:85点
MacBook Pro 2019搭載の「Magic Keyboard」:80点
第3世代バタフライキーボード:70点

  1. スタンドアロンの16インチ型「 MacBook Pro 2019」は必ず実機でキーボードの打鍵感を確かめるべし
  2. スタンドアロンで使わないのであれば、Bluetoothキーボード「Magic Keyboard」がおすすめ
  3. スタンドアロン&キーボードカバーありで使いたい人は、敢えてバタフライキーボード+moshiのキーボードカバーを使うのもアリ

繰り返しになりますが、キーボード環境だけを見れば、個人的には15インチ型「MacBook Pro 2018 or 2019」に「moshi キーボードカバー」を組み合わせる環境が最高でした。

但し僕の場合、現在は自宅では16インチ型「 MacBook Pro 2019」を、純正Bluetoothキーボード「Magic Keyboard」を接続して作業している場合がほとんど。

つまり良い意味で純正Bluetoothキーボード「Magic Keyboard」という「逃げ道」があることで、僕は

  • 広くなったディスプレイ
  • ものすごく良くなったスピーカー
  • 帰ってきた物理escキー
  • 改善されたバッテリー持ち
  • プロセッサーはi9で8コア搭載の割にコスパが良い点

こうした16インチ型「 MacBook Pro 2019」のメリットにフォーカスできているのだろうなと思います。こうして疲労感を感じやすくなったキーボードへの不満よりも、満足度の方が上回っているのでしょう。

逆に言えば、純正Bluetoothキーボード「Magic Keyboard」使うとか邪道!とにかくスタンドアロン環境で16インチ型「MacBook Pro 2019」を使いたい、それも絶対にキーボードカバーを付けて!」

このような方だけは、16インチ型 MacBook Pro 2019の導入は慎重になっても良いのかも。こうした方に限っては、新品未開封の15インチ型「MacBook Pro 2019」の特盛なりをゲットして、またキーボード環境が変わるかもしれない数年先までを過ごすのも賢いかもしれません。

必ずしも16インチ型「 MacBook Pro 2019」のキーボードが万能とも言えない、こうした考えもあるのだなぁと参考いただければ幸いです。

フォローして& Macに参加しよう